ニートが就職をしようというときに注意して欲しいのは、就職活動に関わるさまざまなことを「面倒くさい」 で片付けないことです。

 

 はっきり言って、ニートが就職をしようとしたならば、すんなり就職することは諦めて下さい。今の時代は、たとえ輝かしい学歴や職歴を持っている人ですら二つ返事で採用が決まらない時代です。ですから、ニートですとさらに状況は厳しくなります。ただ、ニートでも諦めずに就職活動を続けていれば、必ず就職はできます。ただ、就職にたどりつくまでは、ニートにとって面倒くさいことがたくさんあります。

 

 たとえば、就職のためにスーツを着て行動すること、これがもう面倒くさいと感じていませんか?それならば私服のバイトでいいやと、面倒くさがった時点で、就職先が限定されてしまいます。また、面接の応募をするときになるべく郵送による書類審査がないところを選んではいないでしょうか?わざわざ、履歴書や職務経歴書を郵送しなければいけない企業に就職しようとすることを、面倒くさいと感じてはいないでしょうか?

 

 こうして、就職活動に関わるさまざまなことを面倒くさいと感じていたならば、いつまで経っても就職することはできません。面倒くさいとたとえ思ったとしても、そこからやるかやらないかは自分次第です。ニートかどうかは関係がなく、肝心なのは本人のやる気です。

 

 加えて面倒くさいと思ったことでもやり続けていれば、その内面倒くさいと思わなくなります。要は慣れの問題です。ですので、ニートはいかに「面倒くさい」を乗り越えるかが、就職のポイントだと私は考えています。