ニートやフリーターの方で、今後きちんと就職をして働こうと考えている方は多いと思います。このように学校を卒業してから就職をせずにいた人たちは就職活動の場では多少不利になることが多いです。ではどのようにして就職活動をすればよいのでしょうか。

 

 まず大切なことは履歴書の質を高めることです。履歴書にはそれまでの学歴や職歴をかく欄がありますが、ニートの方などはそこで空白の期間が出来てしまいます。このような場合はその他のところで履歴書の欄の質を高めるようにしましょう。例えば自己アピールの欄で空白の期間にどのようなことをしてきたのかを書くのです。お勧めなのは勉強などをしてこのような能力を身につける努力をしていました、などと自分を高める活動をしていことを伝えることが出来れば、履歴書を見た方の印象も良くなるはずです。

 

 次に重要なことは、ハローワークなどを利用して模擬面接をすることです。なんの練習もせずに本番の面接に挑むとなかなか上手く話せないことも多いです。そのようなことを出来るだけ防ぐために、模擬面接をして面接に慣れておくことが大切なのです。
 また、短期のインターンシップが出来ることもあります。短期なので2週間ほどの期間ですが、会社で仕事を体験させてもらうことはとても良い経験になりますし、このことを履歴書や面接でアピールすることで良い印象を持ってもらえると思います。短期のインターンシップのサービスを提供しているところを探して、応募してみましょう。

 

 このようなことをして就職活動を行っていけば、自分を採用してくれる会社と巡り合うこともできるでしょう。